Fish哲学


私たちの想い

職員の顔に笑顔が見られない、挨拶がきちんとできない、看護師を中心に離職者が多いなどという問題が医療機関に蔓延しているように思えます。
私たち青洲会グループは、地域の医療、福祉、介護の中核として地域の皆さまのお役に立つために、組織を活性化する新しいマネジメント手法として、「フィッシュ哲学」を導入しています。

フィッシュ哲学とは

「フィッシュ哲学」とは、アメリカ西海岸に実在するさびれた魚市場で、「遊ぶ」「楽しませる」「注意を向ける」「態度を選ぶ」という四つのマインドをもって仕事を行ったところ、問題の職場が、文字通り‘ピチピチ’と生きの良い職場に生まれ変わったのが始まりです。

Fish哲学

アメリカでは、軍、IT企業からハンバーガーチェーンまで、幅広い職種のマネジメントに採用されています。

医療現場で「遊ぶ」ということ

温もりを表現するため、スタッフは、白衣以外でもふさわしいウェアを自由に選べるようになり、表情が明るくなった。
患者さんからは、「威圧感がなくて話がしやすい」と好評で、声をかけてもらう回数も増えた。
そしてフィッシュマインドは事務職にも伝播し、ネクタイを着用しないスタッフや、色とりどりのポロシャツを着用する人も出てきた。

「ここは病院だから」と躊躇するのではなく、「できることからやっていこう」という前向きな姿勢からスタートし、フィッシュ哲学が職員全体に浸透してゆくにつれ、目に見えて院内に変化が生じてきました。 

気持ちのゆとりがサービスの向上につながる

気持ちのゆとりがサービスの向上につながる

心の健康

スタッフが落ち込んでいたり不快感を持っていれば、そうした雰囲気が患者さんにも伝わってしまうものです。
気持ちをうまく切り替えられ、ゆとりが持てるようになれば、患者さんや家族へ話しかける機会も増え、サービスの向上という効果がもたらされます。

想いのある取り組み

  • 福岡青洲会病院のICU~超急性期で時間に追われ、「ありがとう」の一言も言えないままだった状況を改善するため、病棟内にメッセージボードを導入し、スタッフ間で感謝の気持ちを伝えられるようにしました。
    「昨日は手伝ってくれてありがとう」「教えて下さりありがとうございました」等、手書きのメッセージが並ぶなか、出勤した際に自分あてのメッセージがあれば嬉しいし、相手を認めよう、褒めようという思いが意欲へとつながる。
  • 病棟看護師~シフトのため、受け持ちの患者さんの退院に立ち会えない場合は、「退院おめでとう」と心の込もったメッセージカードを用意。
  • 給食時間~無機質な白衣ではなく、華やかなエプロンで配膳することで、少しでも温もりを感じてもらいたい・・・。

他にもアイデアを出し合い、ちょっとした工夫から空気を和ませていける職場づくりを目指しています。

FISH委員会のご紹介

FISH哲学は目に見えるものではありません。私たちFISH委員会は医師をはじめ、看護師、リハビリ、総務課、放射線課、検査課、地域連携室、在宅など様々なFISHメンバーが「FISHの種」を育て花を咲かせるために、地道な活動を続けています!

委員会活動内容ご紹介

一部ではありますが、委員会活動をご紹介させていただきます。

◆今月のFISHさん!
FISHを実践している職員を選出し表彰する取り組みです。
月に一度の全体朝礼で院長が代表して表彰をしていただいています。この表彰は、毎月継続しています。
選ばれた職員は、次の月に「○○さんのこんなところがFISHです」とFISHな職員を紹介していただきます。
リレー方式でFISHの輪を様々な部門へと広げています。

FISHの輪

◆癒しの空間作り!
1階売店前のスペースに魚の飾りつけを行い癒しの空間として、来院される患者さんや家族、お見舞いの方、当院に関連する業者の方など、たくさんの方に利用していただきやすいように、明るく楽しい雰囲気の飾りつけを行いました。
FISHコーナーの中には、皆さんよりご意見を伺いやすいように御意見箱を設置しています。ご意見に対しては関連部署へ報告・相談を行い、積極的な改善に努めてもらっています。
心暖まる激励の言葉にお言葉に感謝し、職員の励みになっています。

FISHの輪

「一視同仁・親切丁寧をモットーに」FISHの花が咲きますように、今後もメンバーと楽しく取り組んで活きたいと思っています。

FISH委員会

この街の笑顔のために

この街の笑顔のために

フィッシュ哲学に基づく取り組みは、思いやりあるサービスの向上やスタッフの離職率の改善など、少しずつ良い変化を生み出すことができました。
人が人を敬い、心を通わせるということ。それは、スタッフ同士であれ患者さんに対してであれまったく同じことです。

私たち青洲会グループは、これからも決して慢心することなくフィッシュマインドを持ち続け、福岡・長崎・熊本の各地域の皆さんの笑顔のため、走り続けます。