看護部の理念である「人間尊重の精神で、患者中心の看護を提供する」に沿って、当院の方針と地域のニーズに応じた質の高い看護を提供できる看護師を育成する。
さらに専門職としてだけではなく、生涯を通じて人間として学んでいくという姿勢を持ち続けるような人間育成をする。

1.当院の看護の専門性を理解し、根拠に基づいた臨床看護の実践能力の向上を図る。(看護そのもの)
 <視点>
 看護の専門性の向上(知識・技術・地域や在宅への継続看護)
 患者の人権尊重、患者の立場に立った看護観の深化・拡
 自己成長(自己研鑽)、人間性を高める、問題発見・問題解決法
2.組織やチームにおける立場を理解し、自己の役割を考え、円滑な人間関係が出来る。
 <視点>
 理念・組織の理解、組織目標への参画、リーダーシップ、コミュニケーション
3.後輩や他の看護職者(CS含む)、学生への教育活動が出来る。
 <視点>
 教育目標・指導目標の理解

「患者中心の看護の質の向上とエンカレッジ(勇気づけ、励まし)をねらい」としてクリニカルラダーの考え方を取り入れる。
・クリニカルラダーとは、臨床実践能力をレベルに応じて区別したもの。ラダー(はしご)は自動的に上がらない。
・クリニカルラダーシステムと自己目標管理を意図的に連動させて 自己の能力開発を目指す。
・能力開発とは、個々の看護師が組織の目標を踏まえ、各個人の能力やライフスタイルに応じて、組織の支援を受けながら臨床実践能力の向上に 主体的に取り組むことである。


看護師 キャリア開発クリニカル、ラダーのあるべき人材像

  職務目的 成果責任
基礎(入職3ヶ月) 1.当院の目的・目標・方針を理解し、の立場での責任を明確に発言できる。
2.指導を受けながら、対象者に必要な看護が実践できる。 
・マニュアルは指導を受けながら、看護を実践する。
・部署での自己の位置付けを知り、役割をはたす。
ステップⅠ 1.患者の生命や人権を意識して尊重し、対象に必要な看護を実践できる。 ・看護業務を確実に遂行する。
・自己の心身の健康を保持する。
・他看護師、コメディカルスタッフへ患者の状態変化を報告連絡できる。
ステップⅡ 1.自ら自立し、自立的に日常業務を実践し、先輩として後輩を支援することができる。
2.部署の目標達成に連動した自己の目標を立案実施する。
・患者の安全性を維持するため自立して行動できる。
・プリセプターシップを発揮できる。
・患者に生じた単純な問題について、コメディカルスタッフとの間でコーディネート役が果たせる。
ステップⅢ 1.看護実践において先輩としてモデルとなり、後輩を実践指導できる。
2.チームリーダの役割を果たしながら、後輩の指導にあたる。
・目標管理において率先して行動する。
・問題解決に向けて有効に活用する。
・患者の代弁者として、患者を擁護し、整合性のある医療が行えるようコーディネート役が果たせる。
ステップⅣ 1.一般スタッフをリードしチームワークを効率よく運用できる。
2.患者の安全性を維持するためリーダーシップを発揮する。
・臨床擁護に直結する看護研究を実施し、又指導する。
・他職種を有効に活用しコーディネートする。
ステップⅤ(補佐) 1.看護の質を査定すると共に質向上に向けてスタッフを支援する。
2.プロフェッショナルな看護職を育成し臨床看護に直結する看護研究を実施指導する。
3.質の良い看護を継続的に提供していく。
・看護実践においてチームの中心ロールモデルとなり後輩を指導・支援する。
・目標管理において率先して行動する。
課長 1.マネージメント能力を持ち中小単位組織の統括と企画・立案・実践・評価をする。
2.永年のキャリアと熟練によって上級判断業務を遂行する。
3.質の良い看護を継続的に提供していく。
・危機管理システムを効果的に運用する。
・成果志向の強い組織風土を構築していく。
・スタッフの人材育成・将来の方向性を確認し支援する。
上級管理 1.上級管理指導者として高度な管理能力を有し大単位組織を統括する。
2.永年のキャリアの熟練によって行う高度で複雑な業務判断を遂行する。
3.看護の質を継続的に向上させるシステムを実現する。
・看護に関わる内外の人的資源を開発育成する。
・成果志向が強くマグネットホスピタルのような組織風土を創る。

Preceptor :教え、教訓を伝える者。指導、支援する先輩ナース。
Preceptee:教えを受ける者。新人ナース、新卒ナース。

先輩ナース(プリセプター)と新人ナース(プリセプティ)が固定ペアを組み、一定期間内に目標が達成できるように
段階的な育成計画を作成し、日常業務を通してマンツーマンで指導し、相談にのり、激励し、役割モデルを示すこと。

(1)新人ナースを学生の役割から臨床看護師(専門職業人)の役割に移行することをスムーズにする。
(2)リアリティショックを最小限にとどめ、職場や組織になじめるようにする。

★リアリティショック:基礎教育で学んだ、看護の理想像と就職後の臨床実践の場にある現実との間に生じた認識のギャップ。