看護介護部では、地域の方達に入院、入所してほしいと心から勧めることのできる病院、施設づくりと、
「ここで働けてよかった」と思える職場づくりを目指しています。

「一視同仁」=「いつでも、どこでも、誰とでも」という法人の理念のもとに平戸市田平町にある
青洲会病院看護部では「個人の尊厳を守り心温かで良質な看護」を提供します。
看護部では、理念、目標に向かい、クリニカルラダーによるステップ毎の教育を実施しています。
特に新卒看護師の看護技術トレーニングに取り組んでおり、実施指導者(プリセプター)、
アソシエイトによるバックアップ体制を取り入れています。
青洲会グループでは、仕事への取り組み方のひとつとして、「フィッシュ哲学」が導入されておりアメリカ
テキサス州のウエイコにあるプロビデンス病院で20名が研修を受けました。
「フィッシュ哲学」とはアメリカシアトルにある古びた魚市場で、「遊ぶ」、「楽しませる」、「注意を向ける」、「態度を選ぶ」という、4つのマインドを持って仕事をした所、問題の多い職場からピチピチと生きの良い
職場に生まれ変わったのが始まりです。除々にではありますが、その成果が見えて来ているようです。
現場では「明るく、楽しく、患者様が求める看護」が出来る看護部を目指しています。
最後になりますが、就職活動には妥協せずに自分のライフスタイルに合った施設を選び、あなたの力を伸ばし、
活躍の場を与えて下さる職場に巡り会われることを心よりお祈りいたします。
そして、この場であなたと出会えたのもひとつのご縁です。
その検討に当グループの事業所も加えていただけたら幸いです。